お気に入り16000件突破記念

、額から角を伸ばし特徴的な青い肌をしている。
 かけたメガネを手で持ち上げながら気怠そうに訪問者を見ていた。
<a href=”http://www.shoessrecently.info/sneakers-u4i5-2.html&#8221; title=”adidas originals スニーカー”>adidas originals スニーカー</a>
「今日は商会の御用聞きとは別件だ。知らないだろうがこちらはツィーゲのレンブラント商会ってとこのお嬢さんでシフ=レンブラントって言うんだ」

「……馬鹿にするな。レンブラント商会くらいはあたしも知っている。お前が知り合いだって事には驚いているが」

「はじめまして、シフ=レンブラントと申します」

「はいはい。あたしはリスイだ。で? ライム、どういう事だい?」

「実はよ、この子、お前と同じで精霊術と魔術を両方扱う――」

「リスイさん! 私に精霊術と魔術の融合を教えてくださいませんか!」

 ライムの言葉を待っていられなくなったのかシフが単刀直入に願いを口にする。
 思いつめたような、彼女には珍しい口調で。

「……」

「……って訳だ。俺からも頼まあ」

「変わり者を連れてくるのが得意だねえ、お前さんは。この前の若様っての程じゃないにせよさ」

 突然頼みごとをされたリスイは一瞬呆けたような顔を見せたが、すぐにライムを見て半眼で文句を言う。

「この通りだ。頼む」

 何とライムは深く頭を下げてみせた。

「やめとくれ。まったく、断れないのを半ば見越してそういう事をする。数日見てモノにならなそうなら叩き返す、それでいいんだね?」

「ああ、構わねえ。それにこの子はモノになる」

「やれやれ。次の御用聞きは覚悟しときな、面倒くさい物をいっぺんに注文してやるからね。ええっと、シフだったね。お入り」

「あ、はい!!」

「じゃ、がんばんな。お嬢さん」

「一応、ありがとうございます」

「ああ」<a href=”http://www.shoessrecently.info/人の靴-u4i5-1.html&#8221; title=”アディダス スニーカー レディース”>アディダス スニーカー レディース</a>

 ライムはシフがリスイの家に入っていくのを見届けるとさっさとその場を立ち去るべく歩き出す。
 
「誰が気にしてるって、やっぱ俺が一番気にしてんだよなあ。だってよお、手違いとは言え酷い事しちまったのは事実だからしょうがねえよ……。さ、シフお嬢さんは精霊術を魔術と融合したいってとこで躓いてたから、これで大丈夫だろうな。となると次はユーノお嬢さんか。あの子は核になりそうな近接系の武器を探してやるのが一番だと思うんだが……心当たりがなあ。ふぅ、旦那にも言われたけど、俺ストーカーの一歩手前じゃね? 気ぃつけよ……」

 何気なくレンブラント姉妹の状況に気を配り、何に悩んでいるのか大体把握しているライム。
 罪悪感ゆえとは言っても律儀な事だ。
 そこに異性としての好意が含まれれば立派にストーカーになりそうだが、現状ではそのような事はないようだ。
 ぼやきながらライムはベースの雑踏にのまれていった。
 シフ=レンブラントは臨河のベースでライムによる作為こそあれ自身に似た術の使い手であるリスイと出会った。
 それはモリスの体術を見たユーノと同じく、当時の姉妹にとって革命的な出会いになっていく。
 ロッツガルドに残れなかった事、それを悔やみ続けるのではなく久々に会うであろう仲間を驚かせてやろうと肯定的に受け止めていくシフとユーノ。

 対照的に父親は娘との時間を削られて悶える事になり、一因を担ってしまう執事モリスも板挟みになって苦しむ事になるが、輝かしく育っていく姉妹の様子に比べればそれはほんの些事である。

 

再構成の最後。シフ=レンブラントです。
異例ながらユーノの話の途中からの分岐みたいなものですね。
彼女は夏休みに荒野に入ってました。

ご意見ご感想お待ちしています。お気に入り16000件突破記念。
<a href=”http://www.shoessrecently.info&#8221; title=”http://www.shoessrecently.info”>http://www.shoessrecently.info</a&gt;