その量を考えただけでも美音は目眩がする

店主は自分の腕に相当自信があるんだろうな…なんて思いながら女達は飲食を続けた。
[お盆休み番外編] うわばみたちの女子会 下

「あーお腹一杯。随分食べたわねえ」

 あー幸せ、とばかり、女達が小上がりに転がっている。<a href=”http://www.shpmotion.com/”>casio brights</a>

「随分呑んだわねーも追加すべきじゃない?」

 客の大半が初見だということも忘れて、美音は思わずそう突っ込んでしまった。
 いったい何杯の名倉山が、朝日山が、吉乃川が、梅錦が、加賀鳶が、北の錦が、酔鯨が、そして司牡丹が、彼女らの喉の奥に消えたのか。
 その量を考えただけでも美音は目眩がする。何よりも、店の在庫を軒並み乾されて、明日からの営業が危ういぐらいだった。
 ともはこの女達を指して『酒豪』だといったけれど、とんでもない。
 これはもう『うわばみ』レベルである。食べる方にしたって、美音が作る物を片っ端から元気よく空にして、女子会にありがちな、目の前の皿を放置してしゃべりまくり味をどんどん劣化させる、あるいはダイエットを気にしてちょい残し、なんてことは一切なかった。
 料理人として嬉しい限りではあるが、ちょっと行き過ぎではないのか。
 日頃からこんなに食べているとしたら、彼女らのスリムな体型はまるで納得いかない。
 こんなカロリーを簡単に消費してしまうほど、彼女らの上司連中は、この人達に激務を強いているのだろうか。
 商売で酒食を提供している美音ですら怯えてしまうほどの量を胃に収めた挙げ句、最後に出てきた一言には全く参った。<a href=”http://www.shpmotion.com/”>casio 通販</a>

「美音さーん。甘物ほしーい!デザート、スイーツ、かもーん!!」

 ああ…と美音は脱力する。
 彼女らは意気投合して延々と自分たちの一番身近にいる上司あるいは恋人の悪口を言い募っていたが、こんな化け物達を相手にして大変なのは彼らの方ではないのか。
 それこそ会ったこともない男達のために美音は祈りを捧げてやりたくなった。

「はいはい。スイーツね」<a href=”http://www.shpmotion.com/”>カシオ 中古</a>

 ものすごいため息をついたところで、うわばみ達はもう気にもとめない。
 ひたすら楽しい美味しい嬉しいと大はしゃぎである。それほどはっちゃけたくなるほどのストレスを日頃抱えているのだろうかと、ほんの少しだけ同情する美音だった。

 いつもならこんな出し方はしない。
 店でケーキなんて出したことはないけれど、出すとしてもこんな方法では出さない。
 けれど、もう半ばどうでもいいや状態の美音は、冷蔵庫に冷やしてあったケーキをどーんと
http://www.releaseshopassignmentjp.com/ hunter レインブーツ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s