業を煮やした意宇の館衆

兢欷护铯毪趣长恧稀ⅳ工伽皮屋S。そこがいいと、聴いた――」

「守りの灯台を、焼けと? まさか――。それに、炎を使うとはつまり、大神事で人柱となる娘は――」

 杵築には渋面をする者が多かったが、その後押しをしたのは、神野(くまの)の大巫女だ。

「我らも、一の宮で同じ託宣を得た。大神事をひらくべき場所は、日御崎。海と陸、天と地、そして、炎と水、生と死――出雲におけるすべてのはざまであるその場所に形代の娘を捧げ、命(みこと)みずから祈りを捧げよとのことだ。するべきことは、すでに命に伝えたと――」

 形代というのは、人柱――つまり、生贄のことだ。神野の神威になじみの少ない杵築の者たちは、化け物の噂をするように顔を青くした。

「人柱と炎を使う大神事ということは、つまり――その人柱は、生きたまま炎に入るのか……?」

「噂では、その大神事の形代は、杵築の神殿にいらっしゃる巫女様だとか……。なんでも、高比古様と魂をつなぐ神事を終えられているそうだ」http://www.watchsinexpene.com

「それにしても、杵築の武王になられるその方が、大神事の祭主になるとは――。さすがは、事代の主でありながら、杵築の武王を継ぐお方だ。いずれ、出雲の二つの都、意宇と杵築をおまとめになるのだろうか――」

 神託のことを話すようになったとはいえ、高比古は、あまり多くを語ろうとしなかった。

 大神事の支度を任された意宇と杵築の館衆は、毎日のように高比古のもとに訪れた。

「それで、高比古様、大神事の日取りはいかがいたしましょう。いつ、どのようにいたしましょう」

「さあ。なるようになる」

 頼りない返事を聞き続けて、業を煮やした意宇の館衆は、日を決めてしまった。
seiko レディース

「意宇の書庫をくまなく調べましたところ、須佐乃男様の代の大神事のことを記した木板を見つけました。それによると、夏の良き日とのこと。つまり、昼間が一年のうちで一番長くなる特別な日――夏至です。夏至の日におこないますからね? あとひと月ですよ。いいですね!」

 大神事がおこなわれる日が決まり、そのための支度の任が大勢の手に渡ると、高比古は、諦めたふうにぼんやりとすることが多くなった。

 でも、仕草は落ち着いていった。

 苦笑を浮かべて「いってくるよ」と狭霧に別れを告げ、館を出て兵舎へ向かい、軍議に出向くようにもなった。
seiko ソーラー
 狭霧も、高比古が館を留守にしている間は、杵築の薬倉や、雲宮の外の草園に出かけるようになった。

「ただいま、狭霧」

「おかえり、高比古」

 館で狭霧が出迎える時、高比古の表情は穏やかだった。入口にかかる薦をあける時も、床の敷物に腰を下ろす時も仕草はゆっくりで、のんびりとしていた。

 夕餉を食べる時も、淡々としていた。狭霧が、水壺をもって妻らしく給仕をしようとすれば、高比古はゆっくりと腕を上げて、狭霧が注ぎやすい高さまで盃を上げた。

「どうぞ」

「ありがとう」

「――今日は、どうだった? 大神事って、どんなことをするの?」

「――火を使う」

「火を使って、それで――? その大神事を済ませたら、出雲は守られるの?」

「守られるはずだよ。あいつはそういっていたし、守られる光景も、少し視た」

「あいつって、御津?」

「……うん」

「――元気、ないね?」

「元気? ――おれって、いつもこんな感じじゃなかったか?」

 盃が水でいっぱいになると、高比古は笑みを浮かべて狭霧を見上げる。

 御津から戻ってからというもの、高比古は、柔和な笑顔を浮かべるようになった。

 狭霧は、高比古がむかし、笑うのがそれほど得意ではなかったことをよく覚えていた。一

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s